「石原喚問」公明一強の都議会政局

百条委で豊洲問題はいよいよ混迷。「都議選完勝」が至上命令の公明は小池与党を突き進む。

2017年4月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「悔しいけど今の都議会の政治日程は全て公明次第で決まる」築地市場から豊洲市場への移転問題で、都議会が強力な調査権限を持つ百条委員会の設置を全会一致で決めた2月22日――。早くから百条委の設置を求めてきた都議の1人が本音を漏らす。百条委は地方自治法に基づく強い権限を持つ調査特別委員会で、都議会での設置は12年ぶり。豊洲市場用地を東京ガスから購入した経緯などを調査するため、用地取得時の知事だった石原慎太郎氏(84)や、交渉役を担っていた副知事の浜渦武生氏(69)らを証人喚問する。そもそも都議会は2月7日に石原氏らを特別委に参考人として招致する段取りを決めていたが、法的拘束力がないことを理由に共産党が百条委の設置を要求。小池百合子都知事(64)の周辺も、離党覚悟で小池人気にすがる民進系都議らに百条委設置を働きかけたが、都議会で過半数を握る自民・公明の反対で膠 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。