東芝製エレベーター「保守管理」の怪

マンションでエレベーターの保守業者を替えたら、不可解な事実が次々判明。不透明なメーカーの体質に住民が振り回されている。

2017年4月号 BUSINESS [なめられるマンション管理組合]

  • はてなブックマークに追加

「築11年の分譲マンションで、計画耐用年数25年のエレベーターの主要部品を交換しなければならないのはおかしいでしょ。それもエレベーターの保守点検業者を変更したとたんに発覚したんですよ」と憤るのは東京都内にあるマンションの住民だ。昨年の問題発覚から、製造元で保守管理会社も兼ねる「東芝エレベータ(東芝)」、マンション管理会社の「三井不動産レジデンシャルサービス(三井レジ)」、現在の保守管理会社「ジャパンエレベーターサービス城西(JES)」の3社と協議を重ねているが、半年経った今も問題は解決せず、紛糾が続いているという。「マンションは管理で買え!」とは不動産のプロの常識。住民が積極的に管理に関わってこそマンションの価値が保てる。とはいえ、エレベーターの保守管理は専門知識が必要で素人にわかりにくいのが実情。国土交通省も契約トラブルを防ぐため、昨年2月に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。