流出した「トランプの本音」日本の食品安全基準を叩く

2017年4月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「自由貿易はクソ食らえ。奴らは最も保護されている。儲けていやがる」 2月末、米デジタルメディア「ギズモード」がトランプ米大統領とロス商務長官の電話のやりとりとされる記録をインターネットに公開した。そこで日本の食品安全基準を槍玉にあげており、霞が関に衝撃が走った。トランプの本音が「日本はカモ」であるのは間違いない。トランプにすり寄る安倍政権は、いずれバカ高い請求書を突き付けられるだろう。電話のやりとりは、オフィスで隠し撮りしたような映像から聞こえてくる。トランプそのものの声が「日本を見ろよ。奴らは(食品が)清潔ではないとして、送り返してくる」と発すると、ロスそっくりの声が「その通り。我々も同じ手法を取ると伝えるべきだ」と応じ、日本の食品の輸入を制限する際は「制裁措置とは言わず、米国の安全のためだと言えば良い」と指摘した。さらに、トランプと ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。