米経済絶好調で「速足」利上げ

完全雇用近くで積極財政のアクセルをふかせば「脱線」の恐れ。FRBがめざす「緩和幕引き」に債券は一波乱も。

2017年4月号 BUSINESS [トランプ財政と綱引き]

  • はてなブックマークに追加

ドナルド・トランプ米大統領が積極財政に舵を切る一方、ジャネット・イエレン連邦準備理事会(FRB)議長は慎重な利上げを続ける。最高値圏にある米国株は、こんなゴルディロックス(いいとこどり)相場ともいえる。だが3月の米利上げは、そんな都合の良い解釈と整合的なのだろうか。3月10日に発表された2月の米雇用統計は、14~15日の米連邦公開市場委員会(FOMC)に向けたダメ押しとなった。非農業部門の雇用者数は市場予想を上回る前月比23.5万人増。昨年12月以降の直近3カ月の平均でも20.6万人増と、トランプ米大統領が選挙戦で掲げた2500万人の雇用創出を達成する勢いだ。失業率も4.7%と上出来。しかも2月の平均時間当たり給与は26.9ドルと、前年比で0.71ドル増え、率にして2.8%増となった。雇用の改善が賃金の上昇に結び付き始めたのだ。興味深いことに、「雇用統計は偽の数字で、実際の失業率は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。