ボディビル連盟「選手泣かせ」の副業

“公認”サプリ追及第二弾。使った2選手が処分。責任を問う本誌質問状に会長は雲隠れ。

2017年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

作家の故三島由紀夫が、ボディビルで肉体を改造したことはよく知られている。そのトレーニングを指導したというのが、ボディビルの競技団体である公益社団法人「日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)」の玉利齊会長(83)の自慢らしい。2009年に旭日双光章を受章、祝賀会では森喜朗元首相や竹田恒和日本オリンピック委員会(JOC)会長も挨拶した。が、筋肉隆々の美を誇るこの狭い世界の「お山の大将」も、心筋だけは鍛えられなかったらしい。本誌が2月3日に質問状を出したところ、「入院中。回答もいつになるか分からない」(岩崎靖事務局長)と雲隠れした。昨年、アーノルド・クラシックと世界選手権の80㎏級で優勝を遂げた鈴木雅選手の祝勝パーティーにも欠席し、「ノミの心臓」を世間にさらした。質問状は、協賛金を出す食品会社のサプリメント(栄養補助食品)に認証マークを与えるという「公 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。