シムズ教授は悪夢の再来首相面会を財務省が阻止

2017年3月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「消費税率引き上げ再々延期」理論を喧伝するため来日した米プリンストン大のクリストファー・シムズ教授が、安倍官邸と接触を試み、財務省が慌てふためく一幕があった。2011年にノーベル経済学賞を受賞したシムズ氏は「超低金利下でデフレを脱するには、増税を封印して財政支出を増やすべし」が持論。面倒なのは、首相の「経済ブレーン」浜田宏一内閣官房参与(米エール大名誉教授)が「シムズ理論」にいたく傾倒している点だ。2月1日、シムズ教授は都内で行った講演で、予想通り政府・日銀が掲げる2%の物価目標を達成するまで消費増税は罷りならんとぶち上げ、討論会に参加した浜田参与が「ドヤ顔」で礼賛したという。講演で何を言おうがかまわないが、事もあろうにシムズ氏は安倍首相との面会を求め、独自の理論を売り込もうとした。これには財務省が猛反発。「シムズ理論の問題点を事細かにリスト ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。