トランプ政権の内情暴露「造反アカウント」の鼻息

2017年3月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

熱狂的な白人労働者らの支持に応えるため、トランプ大統領は「米国第一」と称する政策を矢継ぎ早に打ち出した。まずは、オバマ前大統領を「否定」することが重要であり、国際協調や環境保護、人権重視の姿勢は転換された。反発は大きく、ツイッターには政府機関の「造反アカウント」が続々と現れた。造反続出のきっかけの一つは、1月20日の就任日に起きた国立公園局の反乱だ。トランプ政権は絶対に認めないが、就任式の参加者は歴史的レベルの少なさだった。公園局はこの日の午後、「人で溢れる09年」と「がらがらの17年」を比較する空撮写真を公式アカウントでリツイート。「嘘をまき散らす政権」に一矢報いたとみられる。問題のリツイートはホワイトハウスの指示ですぐに削除され、局内処分も検討されている。しかし、この「反乱」を契機に「 Rogue NASA(無法者の航空宇宙局)」「Alt EPA(もう一 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。