旧科技庁天下りのドン「沖村」

文科省の天下りで酷いのは旧科技庁ルートの方だ。高村自民副総裁を後ろ盾にする文系OBが20年も差配している。

2017年3月号 DEEP [ 官僚OBの「天国」]

  • はてなブックマークに追加

「表面化している文部科学省の天下り問題は氷山の一角に過ぎません。文科省には旧文部省ルートと旧科学技術庁の二つの天下りルートがあり、いま問題化しているのは旧文部省ルートだけ。実際は旧科技庁ルートの方が天下り先や天下り人数が多く、やりたい放題の天下り天国になっています」そう語るのは文科省関係者だ。文科省は旧文部省と旧科学技術庁の寄り合い所帯。今回の不祥事では、旧文部省が国立、私立大学に運営費交付金と私学助成金を支出する見返りに、大学から理事や教授ポストをもらう構図が明らかになったが、もう一つの旧科技庁の天下りについては政府の調査はまったくの手つかず。先の文科省関係者は「旧科技庁の天下り先は国立研究機関などが多い。研究機関に予算を配分して理事などのポストをもらっている」と話すが、本誌の調べで、旧科技庁の天下りを差配している「ドン」の存在が浮か ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。