金融機関は英国脱出へ「崖っぷち」

「トランプすり寄り」で低税率競争の脅しをかけるが、長丁場の交渉にしびれが切れそう。

2017年3月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

「いくら予め綿密に作戦計画を立てても、実際に敵に遭遇すれば計画は必ず変わる」。19世紀ドイツの軍人、フォン・モルトケ将軍の含蓄ある名言だが、英国のテリーザ・メイ首相にとっては耳に痛い言葉だったに違いない。メイ首相は1月17日、欧州連合(EU)離脱への戦略の基本方針をようやく明らかにしたが、説明を求める与野党からの声に押され、初っ端から方針転換を余儀なくされて、離脱戦略を正式に白書として公表した。英政府にとって「敵」にあたるのは、EUから離脱したくなかった国内の48%の有権者、国外の敵はおそらくつい最近まで我々の親友だったEUの27カ国を意味するのだろう。いまや国内の敵は首相の戦略を叩き壊そうとしている。

いいとこ取り許さぬEU

最高裁判所は8対3で、メイ首相が「国王大権」(中世の国王が独占した神聖な権利を意味する遺物)を使ってリスボン条約50条を発動させ、EU離脱の意志を通告する ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。