「福岡県政のドン」が旗振る犬猫チップ義務化

2017年3月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

ペットショップやブリーダーなどで販売される犬や猫などに、マイクロチップの装着が義務付けられることになりそうだ。これからペットを飼おうとしている人は心の準備が必要だろう。今年の秋にも動物愛護管理法改正に向けた動きが本格化し、2018年1月から始まる通常国会に議員立法が提出される見通しだ。選挙などで法案の提出時期がずれ込む可能性はあるが、販売用の犬猫にチップを義務化すること自体は「最低ラインのコンセンサス」(与党議員)だという。マイクロチップは直径2ミリ、長さ8~12ミリの円筒型の記録装置。15桁の番号が記録されており、専用の機械で読み取ることで、別途データベースに登録されている飼い主の名前や連絡先などと照合できる。災害時に離ればなれになったり、迷子になったりしたペットを識別し、飼い主を探すのに役立つ。現在、日本獣医師会などが管理するデータベースには ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。