本誌が見た「日本共産党大会」

志位委員長は「野党共闘はうまくいくかではなく、うまくいくよう知恵と力を尽くす」と断言。柔軟路線とは裏腹に、「革命政党の鎧」を覗かせた。

2017年3月号 POLITICS [世代継承が死活的課題]

  • はてなブックマークに追加

伊豆学習会館への道筋には党員(誘導員)と警察官が並び立つ(1月15日、撮影/宮嶋巌)約2キロの山道をひたすら登る党員たち党大会(大講堂)への入場受付1月15日正午――。静岡県熱海市の「伊豆多賀駅」で降り、100人を超える共産党員に交じって、九十九折(つづらお)りの山道を一列になって進む。およそ100mごとに党の誘導員と警察官が並び立ち、中間点の低く狭いトンネルを抜ける時、記者証を求められた。標高差200メートル、約2キロを登り切るのに約40分。途中の道端で休む女性党員も――。「人里離れた伊豆山中に要塞のような施設を造ったのは昭和30年代、宮本(顕治)さんの発想です。右翼の街宣車の姿が見えないのは、海沿いの国道で制止されているからです」と古参党員は言う。鬱蒼たる山林に囲まれた「伊豆学習会館」は築50年を超え、会場となった大講堂は、耐震性が気になる体育館のような建物だ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。