詐欺まがい毎日新聞「大阪販売網」

本社vs販売店のトラブルが続出。「ブラック企業」が、大阪本社の看板になりかねない。

2017年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

全国紙の毎日新聞は、発行部数が「西高東低」と言われてきた。東北、関東、信越などが販売エリアの東京本社管内と、近畿、中国、四国などが販売エリアの大阪本社管内は、発行部数はどちらも約120万部(昨年1月~6月)だが、首都圏と関西では人口が全く違うため、シェアで言えば東京本社より大阪本社の方が健闘している。これが「西高東低」の根拠だったのだが、昨今、その毎日新聞大阪本社管内の販売網で異変が起こっている。本社vs販売店のトラブルが続出。現在、大阪地裁で2件の訴訟が係争中だ。いったい何が起こっているのか、販売店関係者らが証言した。「本社(毎日新聞社)はどれだけ販売店から金を吸い上げる気だ」と怒り心頭なのは兵庫県西宮市で毎日新聞の販売店を2店営む店主。2010年11月に1店目を開業し、西宮市内の別の販売店で店主が廃業したため、14年11月からこの店の経営を引き継いで2 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。