霞が関が投げ出す「カジノ実施法」

準備室長に事務次官級を据えたが、公明党の石井国交相が横を向き、所管大臣が決まらない。

2017年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

昨年末、議員立法で成立したカジノ推進法(特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律)は、カジノ合法化とその推進実施体制作り一切合切を、政府に丸投げするという、実に乱暴なシロモノだった。霞が関は、その受け皿となる「カジノ実施法」を作らされる羽目になり、年明け内閣官房に準備室を立ち上げた。そのトップに国土交通省の事務次官級を据えたが、肝心の所管大臣が決まらない。カジノ推進法は、法案修正によって「ギャンブル依存症対策基本法」策定が追加され、付帯決議によって厳格なマネー・ローンダリング体制の構築という難題が課せられた。司令塔(所管大臣)不在の船出となった霞が関は頭を抱えている。政府はカジノ実施法に先立ち、ギャンブル依存症対策基本法を、通常国会に提出する予定だが、事務方は「どんな有効な対策があるのか、見当もつかない」と溜め息をつく。厚生労働省が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。