関経連会長「春日大社」で契ったバトンパス

2017年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

関西経済連合会が年明け早々、会長人事を発表した。5月で丸6年となる関西電力相談役の森詳介(76)が、自動車のワイヤーハーネスや電線、光ファイバーなどを手がける住友電気工業の社長、松本正義(72)を後任に決めた。二人は1月13日に記者会見。松本は、森のいる関電は電線を納める客先としながら、「森さんとはずいぶん親しく付き合い、兄貴のような感じ。特に『春日大社の日使(ひのつかい)』など、いろいろな話がある」と笑った。松本がわざわざ会見で触れた「春日大社の日使」とは何か。奈良にある世界遺産、春日大社の最も重要な祭祀の一つ「若宮おん祭」での役目のことだ。この祭りは平安末期の1136年、関白の藤原忠通が洪水や疫病の蔓延などを鎮めるために始め、毎年12月半ばに開く。そこで忠通の代役となるのが日使だ。春日大社はかねて、この役を関西の経営者に委ねてきた。ある経営者は「2 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。