「証券詐欺逮捕」試される秋田県警の本気度

2017年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2014年8月。千葉県在住の会社社長が、秋田県能代市在住の男と向かい合った。社長「あなた、警察につかまりますよ。口座にいくらあるかも言わない。振り込むと言って振り込まない。どうやって私にお金を返すのですか。今日、少しでも返してもらえますか」男「皆さんが警察に行くのがいやなんです。もう、つらくて」「私は詐欺です……」録音には、お金を返してもらおうと必死に迫る社長と、「別の人物にお金を預けたが戻ってこない」などと言い訳し続け、追い込まれて意気消沈する男の声が記録されていた。その男、秋田県能代市在住の商店主である松井均容疑者(51)が、この社長に「海外債券に投資して2週間でお金を倍にする」などと持ちかけ、計5150万円を騙し取った疑いで2月7日、秋田県警に逮捕された。本誌12月号をお読みの方は秋田県警と聞いて「おやっ」と思ったに違いない。捜査していたのは、秋田 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。