トヨタ自動車3Q決算発表1時間余遅れで臆測

2017年2月号 POLITICS [インサイド]

  • はてなブックマークに追加

名古屋の兜町「伊勢町通」の証券関係者と、トヨタを担当する経済記者、いわゆるトヨタウオッチャーたちのざわつきが、昨年暮れあたりから止まらない。トヨタ自動車が2月初旬に発表する3Q決算(16年4月~12月)の発表時刻が、通常より1時間以上も遅くなるとの情報が、昨年11月に入ってきたからだ。年4回あるトヨタの決算発表はこれまで必ず、証券市場での株式の取引が終了する午後3時ちょうどに始まっていた。00分に資料が配布され、05分から記者会見が始まる、そんな習わしもここ数年、崩れることはなかった。それが今回、午後4時過ぎからとなるというので胸騒ぎが止まらないわけだ。わずか1時間余のことではないかと笑うことなかれ。世界をリードする自動車メーカーの決定事項は、瞬く間に世界の証券市場を駆け巡り、その日以降の証券相場に多大な影響を及ぼす。もし、水面下に潜んでいるトヨタの重大 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。