「奇々怪々」日本のサプリ検査

協賛金を出した企業だけに認証マーク。分析結果は非開示。「ボッタくり」日本アンチ・ドーピング機構は出直せるか。

2017年2月号 DEEP [公益団体の認証ビジネス]

  • はてなブックマークに追加

ロシアが五輪で行った組織的で犯罪的なドーピングの手口が世界アンチ・ドーピング機構(WADA)の調査で明らかになった。中でも2014年のソチ五輪では自国開催をいいことに、夜間に自国選手の尿の検体が保管された部屋の壁に穴を開け、問題のない検体とすり替えるというおぞましい手法を使った。この教訓から、20年東京五輪の開催国である日本は、世界から徹底したドーピング監視体制の構築を求められることになるだろう。ところが今、その日本のドーピング検査のあり方が足元でぐらついている。栄養補助食品「サプリメント」の検査プログラムに対して疑問の声が多く出て、信頼が大きく揺らいでいるのだ。検査プログラムを作ったのは公益財団法人の「日本アンチ・ドーピング機構」。略称はJADA。世界機関のWADAのお墨付きを得た日本唯一のドーピング検査機関だ。JADA関係者によると、組織の実権を握るのは ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。