「都議会のドン」藤井富雄と内田茂の落日

2017年2月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

東京都議会で自民党と「連携解消」を宣言した都議会公明は「自民は我々のことがわかっていない」(幹部)と嘆く。宗教法人創価学会は東京都心の信濃町に本拠を構える。7月の都議選で現有23議席の死守が至上命題の宗教政党が、都民の圧倒的支持を受ける小池知事と対決することは有り得ない。公明都議は、千代田区長選の候補者擁立を巡る、自民の迷走に呆れ顔だ。同区長選(2月5日投開票)では、5選を目指す現職の石川雅己区長(75)を、小池知事が全面支援する。これに対し、千代田区選出の「都議会のドン」内田茂都議(77)は、区長選を小池vs.自民都連の代理戦争と位置づけ、対抗馬擁立に奔走。元都職員でコメンテーターとして知名度もある中央大の佐々木信夫教授(68)を担ぎ出そうと、密かに都議会公明のドン、藤井富雄顧問(92)に支援を求めたと噂される。焦る内田氏は12月17日に党支部の臨時大会 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。