ロシアの芸術的情報操作日本でも極右の応援団に

2017年2月号 POLITICS [インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米情報機関を統轄する国家情報長官室は、ロシアのプーチン大統領がトランプ氏の勝利を狙い、米大統領選へのサイバー攻撃を指示したと結論付けた。報告書の作成には、米中央情報局(CIA)などのほか、「トランプ王国」の連邦捜査局(FBI)も協力。議会は徹底調査する構えで、トランプ大統領は冷や汗をかいているはずだ。国家情報長官室によると、攻撃は直接的手段のほか、プロパガンダや情報操作だった。特に「対外ニュース機関のRTとスプートニク、政府が事実上運営するトロール(誹謗中傷を行うアカウント)」が成果を挙げたと判定した。一例を挙げると、「民主党のヒラリー・クリントン陣営が児童売春組織とつながっている」といった突拍子もない偽ニュースの拡散だ。ロイター通信の取材により、スプートニクの記者が深く関わっていたことが明らかになっている。ロシア政府が出資する放送局RTと通信社 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。