「脱真実」のスーパー官邸

マスコミは鉄面皮なウソを咎めない。ことごとく「真実」から目を背ける政治的態度が、安倍長期政権を支えて行く。

2017年2月号 POLITICS [日露交渉「失敗」を糊塗]

  • はてなブックマークに追加

すでに旧聞に属すると思われるかもしれないが、昨年12月15、16日にロシアのプーチン大統領が来日し「失敗」に終わった日露交渉のてんまつと今後の成り行きは、安倍政権の実情を知るのに格好のテーマ、素材である。北方4島共同経済活動と日露経済協力8項目の合意は、安倍政権が続く限り、いや安倍晋三首相が政治家である限り生涯、重い足かせであり続ける。アベノミクスと並んで政権の歴史的評価を左右する。会談後、安倍首相は「私の世代で平和条約締結に終止符を打ち、成果を出したい」と繰り返すようになった。自民党総裁任期3期9年、これからさらに5年という異例の長期政権を視野に入れているのに、「私の政権で」と言えないところに、合意の成算について確信がない本音がうかがえる。「失敗」は会談の前に確定していた。プーチン氏来日の1週間前、安倍首相は自ら方々に電話を掛けている。テレビ各局 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。