稲田「泣き虫」防衛相が政策参与クビ切り

2017年2月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

師走も押し詰まった12月28日、東京・市ヶ谷の防衛省で異変が起きた。防衛関連の重要事項について大臣に進言する大臣政策参与3人が、全員更迭されたのだ。政策参与は省設置法に定められた非常勤の公職で、もとは防衛大臣補佐官と呼ばれ、2014年から政策参与に改称しているが、新年から空席という異例の事態となった。突然首を切られた筆頭は、航空自衛官出身で初代防衛大臣補佐官でもあり、民主党の野田佳彦内閣で民間人初の防衛相を務めた森本敏(拓殖大学総長)。稲田朋美・現防衛相はこの先輩を情け容赦なく切ったのだ。もう一人は13~15年に防衛事務次官を務めた西正典である。戦前の陸軍軍人で1932年ロサンジェルス五輪の馬術障害競技で金メダルに輝き、硫黄島で戦死した「バロン西」こと西竹一男爵の子孫として省内外でも知らぬ人がないが、正典もオクスフォード大学に留学、国際関係論を学んでい ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。