トランプ最側近は「トンデモ教祖」

バノン首席戦略官がまき散らす「怒れるポピュリズム」は、全破壊の暗い欲望を秘めている。

2017年2月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

史上最も型破りな米国の新大統領ドナルド・トランプは、ホワイトハウスと閣僚の人事でも奇抜な顔ぶれをそろえている。側近ナンバー1で最も信頼が厚いと見られ、国家安全保障担当補佐官に指名されたマイケル・フリン(前国防情報局局長)でさえ、「イスラム過激派が世界最終戦争(ハルマゲドン)を仕掛けている」という警告を発したのは有名だ。しかし選挙参謀で首席戦略官兼上級顧問に指名されたスティーブン・バノンほど影響力が強く、物議を醸した側近はいない。ゴールドマン・サックス出身だが、彼が「米国のクローニー・キャピタリスト(縁故資本主義者)たち」と敵視する政界上層部には毛嫌いされている。バノンの生涯のヒーローは1980年代の共和党大統領ロナルド・レーガンである。大統領選の祝賀パーティーを初めて経験したのは1980年のこと。26歳の海軍将校としてレーガン当選祝賀会に入り込ん ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。