中国「資源利権不正」にFBI鉄槌

本誌追及の香港利権屋「88Q」と癒着していたギニア元鉱山相が米国で逮捕。その余波は?

2017年2月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

米司法省は12月13日、ギニアの元鉱山相モハムード・ティアムを中国系2社からの賄賂約850万ドルを資金洗浄した疑いで逮捕した。ティアムは、かねてからあくどい手法でアフリカ最貧国などの資源を漁り、中国国営企業につないでいた香港の投資家サム・パ(徐京華)との関係を指摘されていた人物で、パも2015年10月から中国当局によって勾留されている。米司法省は贈賄側も断固追及する構えを見せており、今回のティアムの逮捕によって、パが運営する謎の巨大投資グループ88Queensway (本拠のある香港・金鐘道の英語名 略称88Q)の実態解明が進む可能性がある。米国とギニアの二重国籍を持つティアムは、UBSなどで辣腕をふるった元バンカーで、クーデターによって08年12月に政権を握ったギニアの軍事政権「民主主義と発展のための国民評議会」(CNDD) で鉱山相に任命されて、一躍有名人となった。在任中 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。