りそな・大和証券「統合」を妨害する老害

2017年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

昨秋、りそなホールディングス(HD)と大和証券グループ本社の持ち株会社統合の噂が金融界を駆け巡った。実現すれば国内最後の金融大再編になるかもしれない。しかし、その行く末には大和証券のドン、鈴木茂晴会長(69)が立ちはだかった。 当初に乗り気だったのは、りそなHDだ。りそなは2003年に公的資金の注入を受けて実質国有化され、傘下のコスモ証券(現岩井コスモ証券)を売却。15年に念願の公的資金完済を果たした後は、グループ内で「証券参入が急務」(幹部)との声が高まっていた。こうした意見に背中を押され、東和浩社長(59)は証券再参入の機会をうかがっていた。公的資金の完済直後には投資信託運用子会社「りそなアセットマネジメント」を設立し、資産運用業を強化した。国内リテール業務のインベストメントチェーンの中で唯一欠けているピースは証券業務。一から始めるには時間がかか ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。