超優良企業SMCと創業家の「怪」

空売りファンドが「粗探し」レポート。実は3年前に「損失隠し」の内部告発があった。

2017年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2016年12月、日本の大型株を標的にした「売り推奨」レポートが株式市場を駆け巡り、株価が一時急落した。標的になったのは空圧制御機器の総合メーカーであるSMC。東証1部上場で、売上高4千億円台の知る人ぞ知る超優良企業である。自動車メーカーや電機メーカーを主要顧客にしており、国内外で高いシェアを誇る。一般のエンド・ユーザー向けの製品は手掛けていないから、よほど株式市場に精通している市場参加者でも「何の会社?」と聞き返すほど玄人好みの銘柄だ。しかしまれに見る高採算と財務構成の良さが評価されて、直近の上場時価総額は2兆円前後と大きい。TOPIX100に組み入れられている大型株であり、国際優良株と言っていい。

不可解な当座貸越契約

空売りファンド兼調査会社「ウェル・インベストメンツ・リサーチ」を主宰する荒井裕樹弁護士が、専門家たちの協力を得てこのレポートを作成した。その要旨は、①SMCの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。