トヨタ「1兆円投資」も油断できず

2017年2月号 BUSINESS [アメリカ・ファーストの現実]

  • はてなブックマークに追加

「フォードを『小心者』と呼ぶのは早すぎる。同様にトヨタを『よくぞメキシコでの工場建設計画を維持した』と評価するのも早すぎる。まだ何が起こるかわからない」海外事業に詳しいトヨタグループ関係者は、次期米大統領トランプがツイッターでトヨタ自動車にメキシコへの工場新設を撤回するよう求めたことに対するトヨタの対応ぶりについてこう述べた。言葉には、米国に今後5年で100億ドル(約1兆1600億円)の投資をし、雇用に貢献していくと表明しつつ、メキシコへの新工場建設は撤回しないとしたトヨタの対応への賛辞とともに、トランプを侮ってはいけないという戒めが含まれている。1月3日、米自動車大手フォード・モーターは突然、メキシコへの新工場の建設を撤回すると表明した。トランプが、自動車メーカーがNAFTA(北米自由貿易協定)の仕組みを使ってメキシコで造った車を無関税でアメリカに持 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。