二条城「離宮リゾート」夢の末路

はや潰れた「京都インバウンド」バブル。1500坪地上げで資金が尽き、譲渡を反故にした。

2017年1月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

京都の世界遺産「二条城」の北側に4600坪の敷地を確保、「二条院離宮構想」として、物販店やレストランを併設した高級ホテルを建設する構想は、確かに魅力的だった。事業主体は日本リゾーツ(本社・京都市東山区)。同社の梅野聖雄代表取締役(64)が「花鳥風月」と印字された計画書をめくりながら“夢”を語る。「二条城に面した部分は、用地をしっかり確保した日本庭園にし、例えば木造の『お茶屋』を置いて、伝統文化を海外の富裕層に伝えたい。ホテルは奥の部分に広い部屋面積の6~7階建てを考えています」インバウンドブームに沸く京都のホテル不足は深刻で、予約がなかなか取れないうえに、宿泊費が高くて狭い。めぼしい空き地をめぐって用地争奪戦が激化しているが、梅野氏は一味違う和風高級ホテルをリゾート施設として提供する考えだ。

競売にかけられ最終局面

だが、ハードルは高い。地上げ段階で資金が尽き、12月8日 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。