アルク再建「もしドラ」したら

「英辞郎」などのアルクの助っ人に元興銀マンのファンドが入ったが、“学校ゴッコ”で迷走。

2017年1月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「もしトラ」は「もしトランプが米大統領になったら」の略、「もしドラ」はベストセラー「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の略である。前者は現実になり、後者も奇跡の甲子園出場を果たす。では、再建ファンドがドラッカーを読んで投資先企業を経営したら、想定外の成果があがるか――。日本みらいキャピタル(NMC)の安嶋明社長は、1979年に東大経済を卒業して日本興業銀行に入り、父が文化庁長官や東宮大夫だった縁で、皇太子留学時代のお相手でロンドンに勤務。本店部長を最後に退社して、02年にNMCを創業した。この元興銀マンのエリートが、4月から語学教育サービスの「アルク」社長を兼務している。アルクは1969年に平本照麿が興し、06年にジャスダックに上場したが、業績低迷で12年にMBO(経営陣による買収)でTOB(株式公開買い付け)して上場を廃止し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。