菅の本領「公明に煮え湯」

日露交渉も真珠湾訪問も、それだけでは解散の引き金にはならない。それでも総理は早めの解散に乗り気だ。

2017年1月号 BUSINESS [最長在任記録の女房役]

  • はてなブックマークに追加

創価学会は菅義偉官房長官に深入りしすぎた。こういう関係を、「裏」社会の隠語では「しゃぶられている」という。肉を食われて骨になり、さらに骨の髄まで吸い取られようかという危うい境遇である。公明党は支持母体の行き過ぎた政治への直接介入によって、為すすべなく政権の「下部組織」になってしまった。だが、そうと気づいても今さら後へは引けない。カジノ解禁法案の衆院本会議採決で露呈した党分裂(賛成22人・反対11人・退席1人・欠席1人)は、それほどの深刻な事件だ。「夏の参院選での借りがあるから仕方ない」︱︱。公明党幹部はそうこぼす。創価学会で集票活動の中核を担い、強い発言力を持つ婦人部は、カジノ解禁に大反対だ。女性会員には、肉親がギャンブルで身を持ち崩し、さんざん苦労した経験者が少なくない。「人口減少や経済成長のための政策が、どうしてカジノなのか。ギャンブル立 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。