産経が「電子版」創刊 無料から有料へ戦略転換

2017年1月号 POLITICS [インサイド]

  • はてなブックマークに追加

産経新聞社は12月1日から、有料の電子新聞「産経電子版」をスタートさせた。産経新聞とサンケイスポーツの紙面を配信し、パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれでも読むことができるサービスだ。購読料は産経新聞が月額1944円、サンスポが同2160円(いずれも2017年1月末までの申し込みで最大3カ月間は108円)。 これまで提供していたスマホでの無料紙面閲覧は終了。パソコンでの有料閲覧(産経NetView=月額324円、432円)についても11月末日をもって新規購読申し込みを停止した。一方、「産経ニュース」など5サイトに掲載される記事を集めたスマホ用の無料ニュースアプリ「産経プラス」をリリースした。産経電子版の創刊は、同社のデジタルビジネスの軸足を無料中心(広告モデル)から有料中心(課金モデル)に移したものだ。産経新聞社は故住田良能前社長の時代に「ウェブファースト」を掲げ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。