自民党税調をねじ伏せた森金融庁長官に財務次官説

2017年1月号 GLOBAL [インサイド]

  • はてなブックマークに追加

金融庁の森信親長官の剣幕には、自民党税制調査会も形なしだ。2017年度税制改正で、金融庁が要求した「積み立て型NISA(少額投資非課税制度)」の創設が認められたのは、森長官の辣腕によるものだ。この制度を使えば年間40万円までの投資が20年間にわたり非課税となる。ところが、永田町、霞が関だけでなく、肝心の証券業界においてでさえ、同制度の評判は散々だ。既に「年間120万円の上限で5年間」だけ税をまける元祖NISAが存在するからだ。屋上屋を重ねるかのような積み立てNISAを作る理由が、どこにあるのか。従来型NISAの利用者層は60歳以上が中心。若年層を株式投資に呼び込めず、当てが外れた金融庁が「従来型の失敗を覆い隠すために、若者に長期投資を促す名目でゴリ押しした」と、野村証券幹部は憤慨する。その先頭で旗を振るのが森長官に他ならない。当局の尻ぬぐいのために新たなシステム投資 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。