フェイスブックに氾濫するトランプ礼賛の「捏造記事」

2017年1月号 GLOBAL [インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米大統領選直前の3カ月間、フェイスブックでは「捏造記事」が「主要メディアの記事」の影響力を上回った。そんな調査結果が米国で波紋を呼んでいる。捏造記事はいずれも「報道機関の記事」に偽装し、トランプ候補を利する内容だった。 「ローマ法王がトランプ候補を支持」とか、「ヒラリーのISIS(イスラム国)への武器供与が発覚」とか、根も葉もない「記事」が、「いいね!」と「シェア」により拡散し、真っ当な記事を凌駕した。捏造記事の多くはクリック広告料が狙いと見られ、米紙は東欧マケドニアなどで虚報を大量に作り、一儲けした輩の声を伝えている。フェイスブックは否定するが、捏造記事がトランプ候補の追い風になったのは間違いない。大統領選の1カ月前、米政府機関の国土安全保障省が「ロシアが情報操作し、選挙を攪乱する可能性がある」と警告を発していたことを考えると、背筋が寒くな ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。