「反中トランプ」のトンデモ黒幕

過激な経済政策顧問のピーター・ナヴァロが要職に就けば、米中関係は泥沼に陥るか。

2017年1月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

星条旗の図柄を重ねた米国の地図に短剣がぐさりと突き刺さり、鮮血がほとばしる。その刃には「MADE IN CHINA」の文字、短剣の柄に巻いてあるのは人民元の紙幣――。そんなショッキングなCG映像で、視聴者に「中国は米国の働き口を盗んでいる」「中国製品をボイコットせよ」と声高に叫ぶ“ドキュメンタリー”がある。カリフォルニア大学アーバイン校教授のピーター・ナヴァロが2012年に発表した「デス・バイ・チャイナ」(中国による死)だ。この映像はナヴァロが11年に出版した同名の著書をベースに、脚本、取材、監督をすべて彼自身が務めて製作した。そのなかでナヴァロは、中国が「人民元の対ドル為替レートを意図的に低く操作している」「自国企業に不法な輸出補助金を与えている」などと激烈に批判。「中国に不公正貿易を止めさせれば、米国は貿易赤字が縮小してGDP(国内総生産)が伸び、国内雇用が増 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。