「想定外」トランプに中国歯軋り

習近平政権との相性は最悪。台湾総統との電話会談や南シナ海ツイートに怒りを隠す。

2017年1月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

「中国は顔馴染みでない相手との駆け引きが苦手だ。とりわけトランプ政権の発足当初は防戦一方になるだろう」――。2016年11月8日の米大統領選挙をドナルド・トランプが制した直後、英ガーディアン紙への寄稿でそう予見した元外交官がいる。英国の国連大使や駐イラク特別代表などを歴任したサー・ジェレミー・グリーンストックである。米中関係の将来の行方は、トランプが打ち出す対中政策の不確実性以上に、中国の習近平政権がそれにどう対応するかにかかっている。グリーンストックはそう看破し、中国の外交的未熟さへの懸念をにじませた。そして17年1月20日の大統領就任式を待たず、予見は早くも現実になった。16年12月2日午前10時(米国東部時間)、トランプは台湾総統の蔡英文との電話会談に応じ、政権移行チームがその事実をメディアに明かしたのである。

打ち砕かれた中国の楽観

米大統領や大統領選の当選者と台湾総統と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。