底知れぬ習近平(最終回)トランプと電撃的接近も

中国の台頭を強力に引っ張る習近平がトランプを生み、トランプが習近平の権威をさらに高めるほど米中は接近している。

2017年1月号 GLOBAL [集中連載]

  • はてなブックマークに追加

晩秋の北京は、冬の本格到来を思わせる分厚いスモッグに覆われた。「トランプは強硬だから、当選したら習近平の強敵になるに違いない」政治談議に目のない北京のタクシー運転手がこんな話題を振ってくる。私が日本人だとわかると「安倍もなかなか頑固だよな」とすかさず論評を加える。どこからネタを仕入れてくるのかとあっけにとられる。共産党指導部の住居、オフィスが置かれた北京の中南海は軍の厳戒下にあり、政治の権謀術数が渦巻く現代の紫禁城だ。北京の庶民は、その中南海を囲む紅壁から漏れてくる空気を感じ取る。彼らの政治ネタは、そうとしか説明できない感覚的なものだ。「胡錦濤は押しが弱くてダメだった。だから軍が腐敗にまみれた。大トラをたくさん退治した習近平はかなりの凄腕だ」たかだかタクシー運転手1人の戯言だとバカにはできない。こうした感覚は中国全体の庶民感情をある程度 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。