「十八銀専務」自殺に追い込んだ公取

公取審査の横槍でふくおかFGとの統合が万事休す。地銀再編促す森金融庁は真っ青!

2017年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

金融業界に衝撃が走った。11月28日、長崎県の有力地銀・十八銀行のナンバー2である森甲成(かつなり)取締役・代表執行役専務(59歳)が投身自殺した。長崎県警によれば、自宅マンションのベランダから飛び降りた可能性が高く、長崎署員がその場で死亡を確認した。森さんは九州大学法学部を卒業し、銀行員の出世街道とされる秘書室長や融資企画部長などを歴任。2011年6月からは営業・経営企画部門の担当役員として、銀行の中枢を歩み続けたエリート行員だった。それなのに、なぜこのタイミングで命を絶たなければならなかったのか。前途洋々のはずだった森さんの視界には、金融庁が旗を振る地銀再編の波に乗りながらも、公正取引委員会の「底なし沼」にハマってしまった絶望的状況が広がっていたに違いない。

公取二次審査の厚い壁

今回の事件の謎を解くには、まず時計の針を10カ月前に戻さなければならない。16年の2月26日 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。