シャープに覚醒を迫る「モーレツ社長」

「1日17時間働く」という戴正呉社長の下で、社内に生々しい「化学変化」が起こっている。

2017年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

年季の入った鼠色のスーツは決して高価にはみえない。夏はポロシャツにチノパンの日もざらだ。毎朝、出勤前には堺市の本社内にあるシャープ創業者早川徳次像への黙礼を欠かさず、昼はコンビニや安い中華料理店で済ませる。経費削減のため壁のひび割れた古い独身寮を定宿とし、前任者の赤字決算の責任をとり役員報酬を返上――。かつてこんな「外資系」経営者がいただろうか。2016年8月、シャープの親会社となった台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業から送り込まれた戴正呉(たいせいご)社長(65)のことだ。強烈なリーダーシップで鴻海を率いる郭台銘(かくたいめい)会長(66)の忠実な腹心で05年から鴻海グループの副総裁を務める。台湾北東部の宜蘭県に生まれ、台湾の私立大学を卒業。大手家電メーカーに幹部候補生として就職し1985年、まだ駆け出しの部品メーカーに過ぎなかった鴻海に転職した。若き日 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。