セゾン「看板盗られる」大失態

出資し、取締役として二人も派遣し、虎の子のロゴも使わせた共同事業がわずか2カ月でご破算。あまりにお粗末。

2017年1月号 BUSINESS [難しい協業相手の見極め]

  • はてなブックマークに追加

「クレディセゾンと資本提携した給料前借りサービスの会社でとんでもないことが起きているらしい」――。アングラ金融の世界でそんな情報が駆け巡ったのは2016年9月のことだった。低所得の非正規雇用の人の間では、給料日前にキャッシュが必要というニーズが高く、給料の前借りサービスを提供する企業や金融機関が、実はいくつか存在する。金融広報中央委員会が毎年行う「家計の金融行動に関する世論調査」によれば、2人以上の世帯で「金融資産非保有」、つまり「貯金ゼロ」の世帯は昨年の調査で全体の3割に達している。別の調査によると未婚男性に限れば実に5割以上が貯金ゼロ。給料前借りサービス会社はそうした層をターゲットとし、雇用企業の勤怠管理システムと連動させ、たとえば10月分の給料日が11月25日という場合、労働債権が確定した11月1日以降は、支給予定額の7割程度を上限に、給料を前借りで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。