パチンコ「京楽」がメルトダウン

売上高が前期の3分の1に満たない339億円に縮み、277億円もの最終赤字!

2017年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

大手パチンコメーカー、京楽産業.(名古屋市)がメルトダウンを始めた。官報に先頃掲載された2016年6月期決算は惨憺たるもの。売上高はじつに前期の3分の1に満たない339億円にまで萎み、277億円もの最終赤字を計上したのだ。少し前まで高収益企業で知られ、人気アイドルグループ「AKB48」を傘下に収めるほどの勢いを見せていたが、いまや倒産の噂さえ囁かれている。

芸能ビジネスにのめり込む

パチンコ発祥の地である名古屋でも京楽産業.は一目置かれる古豪だ。「京楽遊機制作所」として創業したのは1952年。最初はホール経営企業の製造部門だった。そうした中、ホールマネージャーだった榎本宏氏がオーナーの指名で66年頃に社長となってから業容が拡大。榎本氏は28年生まれで三重県尾鷲市出身。高等小学校卒業後、兵役に就き、復員後は海運関連事業を興したこともある。榎本氏の下、京楽産業.は自動補給機器部門や電子部門など ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。