絶好調メルカリに違法スレスレの落とし穴

2017年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

国内随一のユニコーン企業(企業価値10億ドル以上の未公開ベンチャー企業)として知られるフリーマーケット・アプリの運営会社、メルカリの躍進が続いている。11月に発表された決算公告によると、2016年6月期の売上高は122・56億円、営業利益は32・86億円を計上。売上高は前期比約3倍で、営業損益は前期の赤字から大幅に黒字化した。14年9月から始めた米国展開も順調に伸び、夏以降のアプリストアのランキングでは上位に顔を連ねる。アプリのダウンロード数では日米合計5500万を数えるなど「日本のベンチャー界では別格の存在」(ベンチャーキャピタリスト幹部)だ。ただし本誌16年4月号で報じたとおり、成長の陰にグレー部分が残る。エスクローサービス(取引の安全性を保証する仲介サービス)を行う事業者を対象に利用者を保護する資金決済法において、振込申請期限を1年とする同社は本来、「資金移動 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。