オリンパスは二度死ぬ

トランプ政権の誕生前に、米国から最後通牒。4ケタ億円の罰金、薬事審査拒否、役員・部長の逮捕状まで。

2017年1月号 BUSINESS [米国から三本の矢]

  • はてなブックマークに追加

オリンパスが二度目の死に瀕している。5年前、筆者がオリンパスの損失隠しをスクープしたとき、当時のテレビCMに因んで「このままではオリンパスのココロ(映像事業)とカラダ(医療事業)が病んでしまう」と懸念しながら記事を書いた。デジタルカメラの需要が一段と落ち込む今、医療事業までも衰弱してしまう懸念が現実のものになろうとしているのだ。欧米でオリンパス製の十二指腸内視鏡で手術を受けた患者が超耐性菌に大量感染し、死者まで出した問題については、本誌もすでに幾度か報じた。日本では十二指腸内視鏡の設計が欧米仕様とは異なるため感染者が出ておらず、ほとんど報じられることはないが、米国では今も執拗な調査報道が続いている。たとえばロサンゼルス・タイムズは7月24日の記事で、オリンパスの隠蔽体質が改まっていないことを冴え冴えとえぐってみせた。超耐性菌問題について東京本 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。