二階利権「羽田カジノ」浮上

トランプ・安倍会談に、なぜ娘夫婦が同席したか。ハコモノ利権のドンが虎視眈々と、首都圏IRに布石打つ。

2017年1月号 BUSINESS [IR推進の裏側]

  • はてなブックマークに追加

『平家物語』『太平記』の昔から、先陣の抜け駆けは割に合わない――という。安倍晋三首相が11月17日、G7(先進7カ国)首脳として真っ先にニューヨークのトランプタワーを訪れ、米次期大統領ドナルド・トランプとの会談を実現させた陰に、二つのサプライズがあった。一つは仲介したのが、日系三世の辣腕弁護士、村瀬悟(モルガン・ルイス&バッキアス所属)だったこと。しかし、その亡父村瀬二郎弁護士(2014年8月に86歳で死去)と、晋太郎に始まる安倍家との親交に触れた本誌記事(14年10月号)を忘れぬ読者は、意外でなかったかもしれない。もう一つは、この日米“首脳”会談に国家安全保障担当補佐官に指名されたマイケル・フリンのみならず、トランプの長女イヴァンカと、その夫のジャレッド・クシュナーが同席したことである。長女は名門大学出の才媛で、モデルも務めた金髪美人だが、父の会社トランプ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。