プーチンの「オセロゲーム」

2017年1月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

「お坊ちゃん総理」の外交とは所詮こんなものか。12月15日、ロシアからプーチン大統領が安倍首相の郷土、山口に飛来する。二人の会談は実に14度目だが、結果はもう知れている。北方領土は限りなくゼロ回答に近いだろう。11月のペルー会談後の首相の顔色が物語っていた。「日本は何もやってない」となじられたらしい。“見返り”の経済協力で釣ろうと走り回った世耕担当相は、哀れピエロを演じた。米大統領選のトランプ勝利で「してやったり」はプーチンだろう。米ロ接近が実現すれば、ウクライナをめぐる経済制裁に風穴があき、シリア内戦も対ISで主導権を握れるうえ、原油が回復基調ならロシア経済は窮地を脱する。フランスも17年の大統領選で親ロの中道右派フィヨンが有力候補に躍り出た。先に英国はBrexitを決断、イタリアも国民投票敗北で首相が退陣、欧州連合(EU)は風前の灯だ。オセロゲームのよう ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。