新橋白骨事件と「東劇」の闇

NTT都市開発が「出口」の地上げで、資産家女性が不審死。東劇裏の「銀座九龍城」とも顔ぶれが重なる。

2016年12月号 DEEP [地面師たちが蠢く]

  • はてなブックマークに追加

家宅捜索に入った警視庁捜査1課の捜査員が、白骨化した女性の遺体を、家と家の間の通路とは言えないような、わずか45センチの“隙間”で発見したのは、10月19日の午前11時過ぎだった。亡くなっていたのは、家の持ち主である高橋礼子さん(失踪時59歳)。週刊誌や夕刊紙で報道されていた「新橋資産家女性失踪事件」は、この時から「不審死事件」に切り替わる。両親を亡くし、親類縁者との付き合いもない高橋さんが、今年3月12日以降、消息を絶っていたことから、町内会長が捜索願を警視庁愛宕署に提出。何度か家宅捜索は行われたものの、“隙間”は見逃されていたという。警視庁は「事件性はない」と発表した。外傷はなく、コの字型の奥まった“隙間”に、アル中気味だった高橋さんがハマり込んで亡くなったという「見立て」である。だが、結論を出すには早過ぎるし、警視庁の捜査は継続している。孤独なアル中 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。