三菱MRJが「B」RJへ動いた

重工は白旗寸前。スリーダイヤの矜持をかなぐり捨て、F2と併せボーイングの支援仰ぐ。

2016年12月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

いよいよ決断の時が来たということだろうか。10月31日、中間決算の記者会見に臨んだ三菱重工社長、宮永俊一は自らの決断を口にした。「私は何としてもMRJ(三菱リージョナルジェット)を成功させたい……。そのためにも親会社であるわれわれ三菱重工が前面に出て、(重工の)全経営資源を投入していく」宮永によれば、MRJの開発を担ってきた子会社、三菱航空機に任せていた様々な判断を、親会社の三菱重工内に設置する社長直属の組織「MRJ事業推進委員会」に移すという。従業員2千人余の不動産子会社「菱重ファシリティー&プロパティーズ」を1千億円で米系ファンドに売却したのも、同社発祥の地の“聖域”長崎造船所の事業規模を徹底的に縮小したのも、すべてMRJを軌道に乗せる資金を捻出するため。なりふり構わぬ待ったなしの決断が宮永の冒頭の言葉だ。

宮永・ミュレンバーグ接触

しかし宮永の決断とは裏腹に三菱重工社内に澱の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。