「パチスロのドン」とアングラの接点

規制担当官のクビが飛ぶ不祥事の張本人、日電協理事長は開き直り、警察庁は身内の懲戒処分に及び腰。

2016年12月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

本誌8月号の「パチスロ業界と警察のただならぬ『蜜月』」は、大きな波紋を呼んだ。「パチスロ界のドン」と連れ立ち、飲食を共にした警察庁の元規制担当官は、即座に更迭された。国家公務員倫理法違反の疑いを免れないからだ。不祥事をしでかしたのは警察庁生活安全局保安課の前課長補佐S氏。3月末まで、パチスロ・パチンコの規制を担当する技官(ノンキャリア)の出世頭。「やり手の補佐として知られていた」(業界関係者)元担当官殿を飲食に誘いだしたのは、パチスロ業界団体「日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)」の理事長、佐野慎一氏(パチスロメーカー「山佐」代表取締役)。6月某日、都内某所で2人が密会。盛り場を歩く2人の写真が流出し、飲食後に手土産を貰う姿が目撃された。警察庁の規制担当官が、パチスロ団体の理事長から接待を受けるのはご法度だが、「2人の密会には、もっと深い意 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。