「核心」習近平は道半ばの一強

6中全会で核心と呼ばれたが、まだ絶対的な権力者ではない。どうする対トランプ。

2016年12月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

中国共産党が10月24~27日に開催した中央委員会第6回全体会議(6中全会)で、習近平国家主席(兼党総書記)を党の「核心」と位置付けるコミュニケが全会一致で採択された。これは集団指導体制を採る党最高指導部のなかで、習が別格の存在になったことを意味する。2012年11月の党大会(18大)から4年。習は大々的な“反腐敗キャンペーン”をテコに政敵を次々に追い落とし、「一強体制」づくりに邁進してきた。6中全会のコミュニケは、そんな現状を党の総意として公式に追認したものだ。共産党にとって「核心」は特別な呼び名だ。党の歴史上、そう呼ばれた指導者は毛沢東、鄧小平、江沢民の3人しかいない。ただし江は、1989年6月4日の天安門事件の直後に鄧の手で党総書記に抜擢された際、権威不足を補うために党の核心に位置付けられた。

「毛や鄧と同列」は誤解

つまり、江の核心は鄧から与えられたもので、自ら勝ち取ったわけで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。