「止まらぬ介護殺人」に英国式処方箋

英国では介護者の生活の質を要介護者本人と同等と位置づけ、自治体に支援・給付を義務づけた。

2016年12月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

介護保険制度は在宅重視を掲げた本人支援の仕組み。始まって16年経つが、家族介護者による殺人事件が今も後を絶たない。この1、2年だけでも、多くの事例が報道されている。●今年10月 東京都立川市で87歳の夫が介護していた84歳の妻を殺害し、自らも腹を刃物で刺して自殺した。「生きる辛さは大変」とメモが残されていた。●同5月 東京都町田市の都営住宅で87歳の妻が、寝たきりで認知症の92歳の夫の首を絞めて殺し、自殺。「じいじ ごめんなさい」「大変だったよね、堪忍」と書き置きがあった。●同4月 兵庫県加東市で82歳の夫が、認知症の79歳の妻の首を電気コードで絞めて殺害した。●同2月 埼玉県小川町で認知症の77歳の妻を83歳の夫が刃物で刺して殺害。夫は留置場と病院で食事を拒み18日後に死亡。●昨年7月 大阪府枚方市で71歳の長男が92歳の認知症の母親を小刀で刺し殺す。二人暮らしで7年間介 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。