「医師不足」をほくそ笑む厚労医系技官

医師免許を持つキャリア官僚に医療政策を任せたら、独居老人の孤独死が続発する。

2016年12月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

10月30日、某テレビ局の討論番組に出演した。テーマは終末期医療。田村憲久・前厚労大臣も出演、侃々諤々の議論をした。番組を見た複数の医師から「田村氏の言い分は酷かった」との感想が相次いだ。彼が「日本の医療の問題は医師・看護師の絶対数の不足ではなく、遍在である」と主張したからだ。これは医療現場の実感と異なる。医師数に地域差はあるが、医師が余っている地域などない。東京の都心ですら、職にあぶれる医師はいない。現場は、平均残業時間が月80時間を超える若手医師の過重労働によって支えられている。問題の本質は、偏在でなく絶対数の不足である。田村氏には、このような現場の声が届いていない。厚労省官僚の従来からの主張を真に受け、そのまま述べていたのだ。

中医協牛耳り医師会と結託

厚労省には、医療政策に従事する専門家集団がいる。医系技官と呼ばれる、医師免許を持つキャリア官僚だ。その数は約2 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。