アマゾン「読み放題」破綻の真相

一方的な配信停止で出版社と大揉め。シアトル本社の異常人事で幹部が逃げ迷走する。

2016年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本での売上高が1兆円規模に達し、書籍販売では出版社が軒並み「アマゾン詣で」(出版関係者)に励むほど圧倒的な存在となったアマゾンジャパン(以下、アマゾンJ)で、尋常ならざる異変が起きている。東京・目黒雅叙園に隣接するアルコタワーに社員3500人(2015年末時点)を擁するアマゾンJの社内には、今夏から米国シアトルの本社に対し怨嗟の声が渦巻いている。「無能な幹部がシアトルからまた来た」「追われるように日本人幹部が辞めた」(社員)。外資系企業で起きがちな現象とはいえ、顧客ないがしろの常軌を逸した混乱ぶりだ。アマゾンが日本へ進出したのは00年。直後に日本法人社長になった香港出身のジャスパー・チャンは「シアトルからの覚えがめでたい」(関係者)とやらで、外資系では珍しく15年以上も社長の座を守っている。現に商品のコンビニ受け取りや中古車の取り扱いなど日本独自の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。